原点は「金堂時計店」

池上精機のルーツは金堂時計店。

大正からは恵比寿、戦後は大田区池上で数十年のあいだ、時計店を営んでいました。
当時の時計は高価で、すべて機械式でした。
修理も時計店で行いますが、全ての部品を持っていないため、無いものは自分たちで作る必要がありました。
図面も何もない微小で精巧な部品は、とても精密で小さな時計旋盤を使い、より複雑な形状の部品は手作業で一つ一つ丁寧に作り、 その精密さで、多くのお客様から信頼と笑顔をいただきました。

長年培ってきたものづくりの技と心を継承し、お客様に喜ばれる仕事をする。
それが私たちの原点です。

その想いをカタチにしていくために、 これからも難易度の高い技術に取り組んでいきます。